一匹狼になりきれないウルフが、ちょっと違った視点で日々の出来事を書き綴るよ。

スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



リバーシブルじゃない

...2006/06/12 20:42...

ハンサムは先週末、温泉に行ってきた
今回宿泊した旅館は大型で、個人客以外にもたくさんのグループ客が泊まっている模様。玄関先に、「○○ご一行様」の看板がたくさんあった。

今回の温泉は、あんまり観光名所のない静かな所。ワイン工場が2箇所あったのでそこへ行き、無料で試飲しまくって、気に入ったワインを1本購入。あんまり買っても重たいからね。

旅館へ戻って夕食まで時間があったので、風呂に入ることに。
露天風呂を堪能し浴衣に着替えた後、売店をのぞいたりウロウロして、最後にフロントでカギを受け取り部屋へ戻る。そして部屋で夕食の時間までゴロゴロ。ようやく時間になり、夕食の個室へ移動する事になったのだが、そこで事件は起こった

皆でエレベーターに乗って、部屋のある5階から2階へ移動中・・・
友人 「あれ、ハンサムの浴衣、表裏逆じゃない
ハンサム 「え
一見普通と変わりないハンサムの浴衣。しかし、肩から背中にかけて裏の白い布が、翼のように見えちゃってる・・・まさに旅館に舞い降りた天使ハンサム・・・

てゆうか今までどれだけ館内をウロウロしたと思っているんだぁ~と自分を責めてみる。
エレベーターが2階に着くも、
ハンサム「あー、オレ部屋に戻って直してくるよ・・・」
とそそくさとエレベーターの「閉」ボタンを連打。「あー大恥かくところだったぜ。」と既にいくらかかいているはずの恥は棚上げ。

そんなハンサムに更なるトラブル発生
5階のボタンを押したにもかかわらず、1階へと下がっていくじゃないですか
チンという音と共に無常にもドアは開く。そしてドアの外には何かの大会で宿泊している高校生の一団が10人くらい・・・
背中の翼を見せられんと壁に張り付いたハンサムは、高校生をエレベーターボーイよろしく招き入れる。大丈夫、奴ら気付いていないぜ
奴らがハンサムより上の階だったら、結果的に天使の翼をお披露目しちゃうと滝汗・・・
しかし神は堕天使ハンサムを見捨てなかった。高校生グループは一つしたの4階で降りたのでした。ふぅ 5階に着いて廊下をダッシュしたのは言うまでもありません。

「人気ブログランキング」←よく確認しようね→fc2_blog_ranking


スポンサーサイト









 
 メールはコチラから♪
CALENDER
05 ⇔ 2006/06 ⇔ 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ウルフ

Author:ウルフ
絶滅した日本オオカミ、ここに現る。一匹狼ほどかっこ良くなりきれないウルフ。マイペースで人とはちょっと違う生き方・考え方で、日常の出来事を書いていきますよ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。