一匹狼になりきれないウルフが、ちょっと違った視点で日々の出来事を書き綴るよ。

スポンサーサイト

...--/--/-- --:--...

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | TRACKBACK(-) | COMMENT(-) |



出勤シーンを演出?

...2006/04/28 15:29...

ハンサムが会社へ歩いて行く途中、いつも大病院の脇を通って行く。
その病院は、敷地の端っこに何やら倉庫のような、貯蔵タンクみたいなものを備えた一画がある。毎朝ハンサムが通る頃にトラックが止まっていて、ガスなのか液体なのか、何かを貯蔵しているのだ。

(;¬¬)じ~っ・・・ 気、気になる
何で気になるかというと、その貯蔵中のタンクから、ドライアイスみたいに白い気体が漏れているのだ。 てゆうか、漏れてていいんすか 爆発とかしないんすか
・・・・・\(*><)/ひぇ~
でもタンクの脇にいるおじさんは、何食わぬ顔をしている・・・

最初の頃はそこを通過するとき、ちょい早歩きの競歩スタイルだったのだが、先日勇気を出してタンクやトラックをよぉ~く観察! (◎_◎)
すると、「高圧酸素」と書いてあった。酸素だからとりあえず吸っても死なないかなと、ひとまず安心。

何やら調べてみると、「高圧酸素療法」なるものがあるらしく、救急療法で心停止した患者に吸引させたりして、脳内の低酸素症を食い止めたりするらしい。その他にも色々用途があって、結構役立っているみたい。ふーん。

今度からそこを通るときは、特殊効果さん(トラックのおじさん)がハンサムのために白いスモークで演出してくれていると思いながら、通ろうと思います。もちろんモデル歩きで

ninki_blog_ranking←押すと煙が出るかも→fc2_blog_ranking


スポンサーサイト




渋谷で昇龍拳

...2006/04/26 18:12...

いつも通りジムへ行こうと渋谷の街を歩いているときの事。
相変わらずの人の多さで、人ごみを縫うように歩いていたハンサム。前方を見て歩いていたのだが、足元にチラッと白いものが視界に入ってきた。「小型犬だ!」と散歩中のチワワのイメージが頭をよぎった。

しかしまさに右足で着地をしようとした直前だったので、踏んじゃマズイと思い、慌てて避けるようにジャンプ右足を挙げたまま左足でジャンプするその様は、まさにTVゲーム「ストリートファイター」の「昇龍拳」のポーズだったのだ。
小型犬のピンチを間一髪回避した、心優しきハンサム・・・
.。゚+.(゚∇゚).+゚。.カコイイ!!

しかし
小型犬と思っていた白いものは、何と白くペイントされたマンホールの蓋
「あれ」と思ったのも束の間、周りの人から見たらハンサムは突然意味もなく「昇龍拳」を繰り出した怪しげな人物・・・ハッ!(゚◇゚;)
誰に弁解できるわけでもなく、足早にその場を離れたのでした。
それにしても何で白く塗ってるわけ 
皆さんも都会のワナにご注意を。

ninki_blog_ranking←ワナではありません→fc2_blog_ranking






小籠包の緊急オペ

...2006/04/24 15:27...

中華料理を食べるとき人気メニューとしてあがるのが、小籠包だ。
小籠包の醍醐味は食べたときに広がる、あのアツアツのお汁だせいろに入ってテーブルにやって来るわけだが、せいろから取るときに注意しないと底にくっついているために袋が破けてしまい、汁が大流出

「あぁー、 汁がぁー
という風に、悲しいアクシデントが発生してしまうのだ。

そこで思い出されるのが救急救命のオペ室の風景
汁の大量流出により、突然小籠包の心電図モニターが、「ピーッ、ピーッ」と鳴り響く。
小籠包の命が危ない

Dr.ハンサム 「これから小籠包の底部破裂部位の縫合手術を行なう」
ERスタッフ 「ハイ
Dr.ハンサム 「はし(メスじゃないのね・・・)」

てな感じかな・・・
小籠包一つでここまで発想が広がると、食事も楽しくなるかな

ninki_blog_ranking←アツアツのうちに→fc2_blog_ranking






Gが足らない

...2006/04/21 14:55...

昨日いつものように家でパソコンを使っていた時の事。
何気なく文章を打っていたのだが、何かたまに変な変換をされてしまう・・・
よく見ると、『G』の入力が足りない・・・ 「が」と入力したいのに、「あ」になっちゃう。
日頃『G』を連打してた記憶はないのだが、それ一つ入力できないだけで、結構めんどくさい。いちいちどこかのウェブサイトからコピペしなければならないのだ。
ヽ(`~´#)ノ ムキィー

突然反抗期に入ったハンサムのパソコンは、予想を超えた変換具合を見せる・・・

がいじん「外人」    ⇒ あいじん「愛人」 
ごまんえん「五万円」 ⇒ おまんえん「オ万円」
ぎんこう「銀行」   ⇒ いんこう「淫行」    トホホ・・・

キーボードのボタンたった一つなのに、修理に出すと人件費がかかるのか、トータル2万円くらいかかる!たった一つ直すだけなのに、高いし修理中はパソコン使えない・・・

突然ハンサムの頭の中に浮かんできたのは、「買っちゃうか?」というアイディア。2万円をケチっている人と同一人物の発想とは思えないね。ちょうど外に持ち歩けるくらいのサイズも欲しいと思っていたので、ハンサムのテンションは新規購入に流れ気味。以前登場した体内の、「小さなハンサムたち」も、保守党を押さえ、新興勢力の『買っちゃいなよ党』が過半数を超える勢いなのす。
「分割すると意外と安いしなぁ・・・」と当のハンサム首相も傾き気味です・・・

ninki_blog_ranking←押しちゃいなよ党に1票を→fc2_blog_ranking






何の応急処置?

...2006/04/19 18:09...

いよいよ6月に迫ったサッカーワールドカップドイツ大会。開催中は時差の関係もあって寝不足の日々が続きそう。そんな期待感の高まるワールドカップだが、本日「おいおい」と突っ込みを入れてしまうニュースを発見。

ドイツ東部のライプチヒ市では、ワールドカップ開催時に市内でボランティアが「応急処置キット」を配布するそう。応援する自国のチームが負けてしまった時、涙を拭くためという事だ。ふむふむ、親切な計らいじゃないか。とここまでは納得。

続いてキットの中身。
絆創膏、ティッシュ、プラスチックの笛、そしてコンドーム・・・
何かおかしいぞ。
プラスチックの笛もちょっとおかしいが、コンドームさんはその中でも異彩を放っている
いったい何の応急処置なのか、深い・・・ 先の先まで見越したサービスに脱帽。

この「応急処置キット」、日本でも配ったら人気出るかな
皆さん欲しい 欲しい人はハンサムまで

ninki_blog_ranking←ここにシュート!→fc2_blog_ranking






熱戦の火ブタ!

...2006/04/17 18:24...

インターネットでニュースを見ていたところ、ふと目に止まった記事。
4/15からモスクワで「ブタのオリンピック」が開幕したらしい。ハンサムはそのタイトルだけで、世界中のおデブさんたちが4年に1度集まる脂っこい祭典だと思ったのす。

日本ももちろん参加しており、高木ブー師匠を団長に内山君やホンジャマカの石塚氏などが日本代表として出場。100m走(途中休憩有)や、パン喰い競争(パン食べ放題)などの種目に汗するのだ

そんな妄想だけが先回りしつつ詳細画面を開けたところ、ホンモノのブタさんのオリンピックであることが判明

どうやら年に1回行なわれているらしく、ウクライナや南アフリカなど7カ国から選りすぐり?のブタさんたちが集まるのだ。写真は「スビンボール」の一コマ。その他には「ピッグスイミング」や「ピッグレース」が初日に行なわれたらしい・・・
マジで!?

脆くも妄想が崩れたハンサムではあったが、子ブタが必死に頑張る姿を想像すると、ちょっと微笑ましいね おデブさんの祭典も検討しないかな。

ninki_blog_ranking←押してブヒー→fc2_blog_ranking






ネタ帳って!?

...2006/04/14 17:57...

お笑い芸人の人が、コントのネタなどを書いておくため、『ネタ帳』に書き留めているという話は良く聞きます。しかし灯台下暗し、最近ハンサムの会社で素人なのにもかかわらず、『ネタ帳』を書いている奴を発見しました。
芸人かよヾ(`◇´;)  ・・・芸人かよヾ(`◇´;) (2回目)

彼曰く、飲み会や合コンの時に役立てるそう・・・役立つのか
そういうものを書いている人は、多分面白くなく、場の空気を一瞬にして凍りつかせるはず
まあ書いてなくとも人々を凍りつかせる魔法をお持ちの方はいますけどね。
彼は合コンのメンバーとして戦力となるのかどうか、友人と悩んでます (´_`;)トホホ

ninki_blog_lanking←押してみてっ






名コンビ現る

...2006/04/12 17:58...

昨日ハンサムが渋谷駅の改札を出た時の事。
酔っ払いが大声を出している事はよくある光景だ。昨日も明らかにほろ酔いレベルを軽く超えたおっさんがいたのだが、そのおっさんには素敵なパートナー(こっちも酔っ払いのおっさん)がいた

遠くの方から、「おーい!」と叫ぶおっさんの声がしたかと思うと、その直後に「おーい!」と聞こえるではないか。学生か誰かがからかっているのかなと思ったら、視界に入ってきたのは肩を組みながらジグザグ歩行をかます、「ジ・おっさんず」であった(母音で始まるからね)。

「ジ・おっさんず」の担当パートは明確に分かれているらしく、『メインおっさん』が大声を出すと、『合いの手おっさん』がそれを繰り返すのだ。しかし有能な『合いの手おっさん』は、微妙なアレンジを加えてくるのす。

メ「おーい!」  合「おーい!」
メ「やったぞー!」  合「やったね!」
メ「何見てんだこのヤロー!」  合「見るなこのヤロー!」

といった具合だ。
それはまるで「ゲロッパ」 「ゲローナ」で御馴染みの、ジェームズ・ブラウンとその名参謀役、ボビー・バードのようだったよ。
やっぱり春は浮かれちゃう季節だね

ninki_blog_lanking←YOU 押しちゃいなよっ






一瞬の判断

...2006/04/10 19:02...

ハンサムの会社では、新人さんたちが最近朝ゴミ捨てをしたりしてくれる。ゴミ捨ての他には各席のPCの電源を入れたり、机を拭いてくれる。それ自体はとてもあり難い事なのだが、問題は机を拭く雑巾なのす。

最初はキレイな布であっても、毎日使ううちに雑巾へと変貌を遂げていく。もちろんきちんと洗われた雑巾なのだが、ものによっては拭いた後に薄っすら雑巾のニオイがするという悲劇に襲われてしまうのだ。せっかく拭きに来てくれたのに、スパッと断るのはかわいそう。そこで新人さんが近づいて来た時に、笑顔を崩さず手にしている雑巾を一瞬にして見分ける技が必要なのだ。

パターンその①・・・キレイな布。おろしたての雑巾
新人「おはようございます。」
ハンサム「おはよう。」
新人「机をお拭きしましょうか?」
ハンサム「ホントありがとう。」
と言ふ。

パターンその②・・・ちょっと怪しげな予感のする雑巾
新人「おはようございます。」
ハンサム「お、おはよう。」 (心の中で、『ヤバい雑巾だ』)
新人「机をお拭きしましょうか?」
書類を広げたりしつつ、
ハンサム「あ、今日はいいよ。ありがとう。」
と言ふ。

断るときは決して「雑巾のせい」だと悟られないようにしなければならない。そのへんの演技に関しては、ハンサムは得意。

ただし例外があって、カワイイ子が来た時は、ちょっと汚い雑巾であっても断らないのだ。
瞬時に判断する事が一つ増えたね。 (・∀・)

ninki_blog_lanking←YOU 押しちゃいなよっ






異空間への旅

...2006/04/08 13:36...

先日ハンサムがビル1階のコンビニで買い物をして、オフィスへ戻るときの事。
ハンサムのオフィスは27・28階にあるので、コンビニ袋を手にエレベーターを待っていた。そんな時、友人からの携帯メールが着信。ちょうどエレベーターも来たので、他の人達に続いてメールを見ながらエレベーターに乗ったのであった・・・

「長ぇメールだな・・・」と思いながら読んでいるうちにエレベーターが停まり、そのままメールを見ながら前の人にくっついて行くハンサム。オフィスのドアの辺りに到着し、ふと顔を上げると・・・
「あれ
何か雰囲気が違うぞ。ふと横を見ると見慣れない飾り付けが・・・ ハッ(゚◇゚;)
そうです。そこは違うフロア(32階)だったのだ。
「やべぇ。 やっちまった」と、半分開けかけたドアをそっと閉め、コソコソとエレベーターホールへ戻ろうとしたところ、何と間の悪い事に違うドアから社員の人(A子さん、仮名)が出てきてしまった

「いらっしゃいませ。」と言われるハンサム。
何か適当にごまかしたいところではあるが、コンビニ袋を提げ、上着も着ていない恰好のハンサム、どう見ても来客の人ではない・・・
頭の中には、『どうする?アイフル・・・』のCMのフレーズが流れる中、A子さんも薄っすらオレの失態に気付き始めたご様子。
「すみません、気付いたらここに・・・」
と言ってみたところ、「私もたまにありますよ(笑)」と言ってくれた。いやー偉いおじさんとかじゃなくて良かったぜ。

こうして何とかピンチを脱したハンサムに、神は更なる試練を与えるのであった・・・
コンビニに行ったのに上階から降りてくるという行動を、社内の人間に見付からずに27階に辿り着きたいと願うハンサムに対し、非情にもエレベーターは他の部署のある28階に停まる。そしてよりによって帰り支度を整えた役員(B常務、仮名)が乗って来てしまった
(゚□゚)~ガーン

上階から舞い降りた天使こと、ハンサムを見付けるなり、
「お、上にもコンビニあるのか
と攻撃してきた。B常務は冗談の通じるお方なので、
「ええ、今度お連れします。ハハハ・・・」
と応え、さよならしたのであった。

こうして短いようで長い、コンビニの旅を終え、デスクへ帰り着いたのであった。
(´ー`)>フゥー

世の中とっさの判断が求められる時があるので、注意しよう。
その前にエレベーターの降り間違いに気を付けようね・・・

ninki_blog_lanking←押すのは1秒






人生で三度目のミス

...2006/04/07 00:10...

先日、とある地方に出張した。
ロマンは、コンクリートで護岸された川べりを歩いていた。
桜が咲いてて綺麗だ。
川面を眺めていると、沢山の鯉が密集して泳いでいる。
小石を投げてみようと思った。なんか面白そうだから。
とりあえず足元にある石を拾ったら、あれ、軽いぞ。石じゃない。
そう、それはカリカリに白く乾いた犬のフンだったのす。
やっちゃった。

手に持っちゃったからには、一応投げてみたが、軽いため飛距離は伸びず、なさけない放物線を描いて着水した。そして、浮いて流れ始めた。
「へぇ、フンって乾くと浮くんだぁ」
…などと感心している場合ではない。
コンビニや公園など、手を洗えるところを探さなければならない。しかし、その町はシャッター街という感じで、なかなかそういう場所がない。
「さびれてんじゃねえ!」と不況を呪いながら歩くこと15分。ようやく公園を見つけて、手を洗うことができた。

まただ。石と間違えてウンチをつかんだのは、これで人生三度目だ。

一回目は小学生の時だった。公園のトイレにマトを書いて、みんなで小石をぶつけて遊んでいた。めぼしい小石がなくなってきたので、ちょっと離れたところにある石をつかんだ。軽かった。ウンチだ。
この時の対応は、我ながら悪魔的なものだった。
なにくわぬ顔で手を洗うと、一緒に遊んでいた同級生に「あそこにいい石あるよ」と教えたのす。
そして、そいつはバカだったので「あ、ウンチさわっちゃった」と正直にカミングアウトしてしまった。
小学生は残酷だ。おもらしをしただけで伝説になってしまう。
彼が自らウンチをつかんだという噂は瞬く間に学年を駆け巡った。
ま、主に吹聴したのはロマンなのだが。

二回目の時を思い出すと、今でも胸の中を乾いた風が吹き抜ける。
中学生だったロマンには、ちょっと気になる同級生の女の子がいた。
ある日、偶然帰るタイミングが一緒になった。話をしながら歩いていたら、自分の家は過ぎちゃったのだが、そのまま女の子の家の方まで歩いた。
彼女の家のそばには、よく地元の学生がデートするような池のある公園があった。いい感じだ。
公園に着くと、彼女はベンチに座った。
思春期まっただなかのロマンは、隣に座るのが気恥ずかしかったので、池に小石でも投げることにした。
彼女の目の前で前かがみになって手にした小石は、カルカッタ。
そして最悪なことに、彼女もロマンが持ったのがウンチなことに気づいてしまったのである。
あの時の気まずい事後処理のことを思い出すと、どんなに仕事でミスを出しても「あの時よりましだよね」と思えてくる。

ninki_blog_lanking←押すのは1秒






新作映画

...2006/04/06 12:21...

米国民は月一ぐらいで震撼しているので、寿命が縮まりやしないかと心配です。

ninki_blog_lanking←押すのは1秒






無条件バトン☆

...2006/04/05 11:35...

今日は平日休みのハンサムです。
外は雨ですが、せっかくヒマなので映画でも観に行ってきます。
さてさて、久しぶりにメンラさんからバトンをもらいましたので、やってみましょう

それではスタート
↓↓↓↓

...Read more?...



クローン

...2006/04/04 13:18...

電車に乗ってると、たまに似た人同士が隣り合って座っていることがあります。幽体離脱?とか思ってしまいます。
今朝もメガネをかけた女性が前に座っていて、隣が空いていました。
本を読んでいた目をそこに戻すと、その空いていた席にメガネの女性がもう一人増えているではありませんか!!でも少し年をとっていた感じだったので、「Before : After」ということにしました。





GW

...2006/04/03 13:14...

ゴールデンウィークはベトナムに行こうと思っております。しかしながら、思っているだけなので、実際には行きません。





あれはシャケだ!

...2006/04/02 12:16...

段々暖かくなってまいりました
ラプーンは外で遊ぶのが大好き。こういう季節を待っていました

ハンサムの子供の頃はファミコンしているよりは、外にいることの方が多かったなぁ。よく自転車で遠出をしては、冒険気分に浸っておりました。今では車であっという間の距離だけど、あの頃は大冒険ハンサムの家のそばには川があるんだけど、海に近いせいか、昼間は潮が引いて川幅が半分くらいになる。普段は水の底になっているところも歩いて行けるので、おもしろい。昔はホントにその川幅だったんだろうか、石畳や船着場の跡があるのだ。

そんな発見をしたりしていたハンサムが、今もこうして思い出す発見がある。それは巨大な魚を発見した事 もちろんもう死んでしまっているのだが、なんと1メートルはある程の大きさだったのだ。それはもう、「な、なんじゃこりゃぁ~」と叫ぶほど。ハンサムの五本の指に入る大発見でした。

それから数年たったある日の事。新聞の地域版にその川でシャケを釣ったおじさんが写真付で紹介されていました。その魚は紛れもなくハンサムが見た巨大な魚だったのです
「オレもシャケ見たことあるよ」と喜び騒ぐ、ハンサムなのでした。どうやら稀に東京湾を遡って来るシャケがいるそう。またあの頃のような大発見がしたい。だからみんな外へ出よう










 
 メールはコチラから♪
CALENDER
03 ⇔ 2006/04 ⇔ 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ウルフ

Author:ウルフ
絶滅した日本オオカミ、ここに現る。一匹狼ほどかっこ良くなりきれないウルフ。マイペースで人とはちょっと違う生き方・考え方で、日常の出来事を書いていきますよ。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。